カーボンニュートラルとは

カーボンニュートラルとは、バイオマス燃料は燃焼時に二酸化炭素を排出しますが、排出される二酸化炭素はもともと燃料となった植物が成長する際に大気中から吸収したものであるため、最終的に二酸化炭素が排出されたとしても二酸化炭素の全体量は変わらないという考えです。カーボンニュートラルには排出される二酸化炭素と、植物に吸収される二酸化炭素の量を同じにすることで、温室効果ガスの排出量を減らし、地球温暖化を防ぐという目的もあります。カーボンニュートラルに取り組んでいる日本モンサントのような企業など、農業ソリューション企業は多く、さまざまな取り組みを行っている企業も少なくありません。どういった取り組みを行っているのかを知れば、取り組みをこれから考えている企業にとって参考にもなるのではないでしょうか。

カーボンニュートラルを行っている企業として農業ソリューション企業は代表的な企業として挙げられています。これは農業において温室効果ガスが排出されやすいからであり、例えば土を耕す事で土中に含まれていた炭素や窒素といった温室効果ガスが放出されてしまいます。こういった農業を営んでいく上でどうしても出てしまう二酸化炭素などの温室効果ガスを減らす事を目的として、農業ソリューション企業の多くがカーボンニュートラルな農業に取り組んでいるのです。

カーボンニュートラルに取り組んでいる農業ソリューション企業では、農業で出てしまう温室効果ガスを減らすためにどのような取り組みを行っているのでしょうか。そしてその取り組みは一体何を目指しているのかなどを知り、これからカーボンニュートラルに取り組もうと考えている企業が参考としたり、カーボンニュートラルとは何かを理解するためのきっかけとしてはどうでしょうか。