企業の取り組み内容

農業ソリューション企業が行っているカーボンニュートラルに対する取り組みとしては、品種改良によって野菜の収量を高める事で野菜が植えられている畑の一面積あたりの二酸化炭素吸収量を上昇させるというものがあります。面積当たりの二酸化炭素の吸収量が増えれば、それだけ排出される温室効果ガスが削減されますし、広い面積の土地を耕すことに対するメリットにもなります。

さらに遺伝子の組み換えをする事で土を耕す必要性を無くし、土を耕す事で温室効果ガスが排出されてしまったり、トラクターを使用する事で二酸化炭素が排出されてしまうという事を防ぐ事にも取り組んでいます。土を耕すというのは今までの農業では前提条件であったものですが、それを行わずに済ませる事で温室効果ガスの削減を狙い、少しでも温室効果ガスの排出を防ぐという取り組みを行っています。

これら収穫前に発生する温室効果ガスを防ぐだけではなく、カーボンニュートラルに取り組む農業ソリューション企業では収穫後の事も考えた取り組みが行われています。そのひとつは収穫が終わった後の農地に一部の作物を残す事で、休閑期にも二酸化炭素を吸収を行うというものです。収穫中や育成中だけ温室効果ガスの削減を行ったとしても、収穫後に温室効果ガスが増えてしまっては意味がありませんから、収穫後にもこうして温室効果ガスの削減を狙うという取り組みも農業ソリューション企業では行っています。