どういった目的なのか

農業におけるカーボンニュートラルとは、農耕をしていく際にどうしても発生してしまっていた二酸化炭素などの温室効果ガスを排出させないという事を目指した取り組みがなされています。今までは土を耕したり除草剤を撒いたり、トラクターなどを運用する事で温室効果ガスが排出されやすくなっていましたが、カーボンニュートラルな農業ではこれら温室効果ガスが発生してしまう原因に対する対処方法を考え、それを実行に移す事で少しでも温室効果ガスの排出を防ぎ全体の温室効果ガスの量を削減する事が目的です。

無農薬野菜などの場合でも、土を耕す事でどうしても温室効果ガスが排出されてしまいますから、それらをどのように減らしていくかという試みは温室効果ガスの削減において非常に重要なポイントとなっています。しかし温室効果ガスの削減だけにこだわってしまい、結果として生産性が犠牲になってしまっては意味がありません。私たちの生活を支える農業の生産性が落ちてしまえば、それはそのまま私たちの生活の負担となりますので、カーボンニュートラルに取り組んでいる農業ソリューション企業では温室効果ガスの削減だけではなく、生産性の向上なども目指しています。

カーボンニュートラルに取り組む農業ソリューション企業では、農業によって発生してしまう温室効果ガスの削減や生産性の向上など、農業をより良くしていく事を目的としています。地球温暖化による海面上昇などの被害は、最終的に農業にも深刻な被害をもたらす危険があるものですから、それらを回避しつつさらに農業の効率化を図っているのです。